top of page
IMG_1055_edited.jpg

大雪高原沼

標高1230mの高原温泉からスタート、色んな沼を巡る登山コース。巡るのは沼だけでなく、秋に紅葉する広葉樹と針葉樹が交じるの樹林帯から、厳しい環境で生きる高山植物と湿原植物まで、豊富な植物を楽しめる場所である。​色んな動物が生息していて、日本で一番大きな哺乳類-ヒグマもたくさん暮らしている場所である。

 

このコースは大雪山国立公園で唯一、利用時間と食事できる場所が限られて、巡視員が常駐していて、入口でレクチャーを受けることが必要な場所になっている。ヒグマが生息する原始な森を味わいながら、人が残している色んな跡に気づきやすくなる。環境の大循環と人について、新たな視点を見つけるかもしれません。

そんな特別な森で、「人と自然」から「自然に人」への旅をぜひ一度体験してほしい。

高原沼コース

・集合時間 7:00 8:00

所要時間 約6時間 

難易度  歩く距離約8km。所々急坂、泥濘、飛び石で渡渉、7月中頃までは残雪があります。

費用         参加者2名以上の場合は1人¥12000円

                       参加者1人のみの場合は¥15000円

定員        1名から5名まで

緑沼コース

・集合時間 7:00 11:00

所要時間 約3.5時間 

難易度     歩き距離約5km。標高差は少ないが、アップダウンがある登山道です。初心者はちょっとワクワク気分。

費用        参加者2名以上の場合は1¥人7000円

           参加者1人のみの場合は¥9000円

定員        1名から5名まで

予約        希望日2日前17時まで申し込みフォーム又は公式lineで予約できます)

集合場所 高原温泉駐車場(ヒグマ情報センター前)マップはこちら

IMG_1000.JPG

​体験できること

ヒグマのことを知る

ヒグマ情報センターでヒグマとの付き合い方を知ってから出発します。

ヒグマが大好きなガイドと一日過ごすとヒグマの魅力を発見できるかもしれません!

森住民の暮らしを覗く

動物の足跡、食痕を観察し、季節替わりの植物達の不思議話や、ハチの面白いストーリーをゲート。タイミングがよければ、鳥のなき声から鳥を知ることができるよ!

​大地と繋ぐ

あっ、これは自分じゃ気づかなかった!森の隅に、ギブアンドテークという循環が起きている。小さな物語から、土地と人間の関係に新たな気づきが生まれるかもしれません。

秘境で深呼吸

イマ、ココに自分を預けて、一期一会の風景を楽しんで行きましょう!

あれも、これも

大雪国立公園のストーリー、山の成り立ちから、北海道のお気に入りスポットまで教えちゃいます!面白いことをいっぱい!

IMG_0566.jpg

必須なもの

・雨具

・防寒着

​・帽子

・飲み

・ザック

・登山靴(長靴)

・携帯トイレ(現地販売あり)

​・行動食*

持ち物

IMG_0942_edited.png

あったら嬉しい物 

・ストック(ゴムキャップ装着)

​・双眼鏡

*このコースは火器の使用、お湯での調理(インスタントスープなど)を禁止されています。ご不明な点等ありましたら、気軽にお問い合わせください。

注意事項

支払いについて

・当日に現地で現金のみの支払いになります。

変更、キャンセルについて

・ヒグマの出没、天候などにより、コースや時間が変更の場合はございます。

・大雨や雷警報など活動不向きの場合は、前日の17:00前に中止連絡致します。

・キャンセル料

  出発時間前12時間前ー無料

  出発時間前12時間内ー料金の50%

  無連絡不参加ー料金の100%

 

保険について

・料金には、国内旅行傷害保険料が含まれています(死亡・後遺障害500万円、入院日額5,000円、通院日額3,000円)が、任意での保険加入をお勧めします。

bottom of page